上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年1月23日(日)

 八海山スキー場のパークは、第1ロマンスリフト降り場直ぐにあるNo.1と、うさぎ平ゲレンデにあるNo.2(忘れていました)の2ヶ所です。No.1はリフト沿いに確認できたので参考程度に写しておきました。写真はありませんが、たしかテーブルトップだったかキッカーもあったような気がします。気がするだけかも・・・・・・。

 コースマップを見てみると、No.2はうさぎ平ゲレンデにあるみたいですが、記憶にまったくないので次回探しておきます。スタート地点の列ですが、昼から15時頃まではタイミングが悪いと2~3人、常時0~1人という感じでした。

 参考になったでしょうか?基本的にNo.1もNo.2は、第1ロマンスでぐるぐる流して遊ぶ感じです。数枚ですが写真を載せておきました。

フリーライドパークのスタート地点
第1ロマンス降りて直ぐの所にフリーライドパークNo.1のスタート地点があります。
2011年1月23日(日) 天気:雪 気温:0度 降雪:前日から20cm増量

 ずーっと滑りに行きたいと思っていた八海山スキー場(新潟県)のレポートです。当日は、フワフワフワリと絶えず雪の精が舞い落ちてきており、ウェアの上でほんのひと時だけご対面。

 八海山は硬派なスキー場というイメージがあり、体力がまだ本調子ではない(尚且つ徹夜明け)私には厳しいかなと思っていました。しかし、連日の雪だるま印のおかげで柔らかーい(東北と比べればやや重い)雪と戯れることができ楽しめました。コースの滑走距離も長ーーーいので、滑るごとに体力と脚力を削られていくハードなスキー場であったことも付け加えておきます。
 次にお邪魔するであろう4月頃は、ゲレンデ一面コブだらけの八海山を楽しんでみたいなあ。

☆初心者&初級者向けの感想(詳細は、AirStyleのWEBで)
 ベースキャンプの側にちびっこゲレンデを確認しましたが、斜面をハイクして練習出来そうな幅の広い場所はありません。滑ること自体が初めての初心者グループは、あえて八海山を選ばずとも他のスキー場で
 また、リフト乗り降りの際に減速するタイプではないので、減速するリフトがあるスキー場と比べると少し難しく感じるかな(慣れてしまえば問題ない)と思います。

 初級コースは5本(連絡コースは除外)あります。その内、ターンを練習中の初心者&初級者さん向けのコースは、ゲレンデ下部にあるポプラ平ゲレンデとうさぎ平ゲレンデの2コースです。初心者はうさぎ平ゲレンデがオススメ。

 山頂から滑り降りるらくらくコースのAとBは、コース幅が約5mでコーナーが多い。コマ目にターンをしながら速度を制御出来るようになるまでは、スノボで滑るのは自重したほうが無難。狭いコース幅でもターンが出来るのであればロングコースを楽しめます。

 初級コースを滑れるようになり中級コースに挑戦したい方は、前倉コースが最大斜度もきつくなくてコース幅もあるのでオススメです。この前倉コースは斜度に緩急があり、斜度に慣れる練習をしつつもホッと一安心でき中級コースデビューに向いています。

☆リフト券売り場とか更衣室など
 リフト券はベースキャンプとロープウェイ山麓駅で買えます。1日券は3500円、他には3時間券や5時間券があります。ナイター営業はしていません。ちなみに、山麓駅で売り場に人が居ない時はカウンターの呼び鈴を鳴らしてください。
 山麓駅はリフト券売り場とトイレのみですので、レンタルや更衣室等はベースキャンプにあるので第1駐車場を利用しましょう。

☆宿は付近にあるかな?
 ゲレンデから徒歩で行ける範囲にはありませんが、2~3キロ圏内にペンションや民宿が何軒かありました。八海山スキー場公式HPに宿泊パックの提携先が載っているので確認してみてください。


☆以下は写真レポート

雪の結晶
雪の結晶だー!!第1ロマンス乗車中にはっきりと結晶が確認できたので写してみた。
レポート遅れましたが記録として記事投稿します。

今年は次から次へと雪が降っては積もり、積もり積もって新潟県では平成18年以来の豪雪対策本部が設置され、スキー場には十分過ぎるほどの雪がテンコ盛りになっています。

今回は新潟県某所から下道を使ってのーんびりと走りながら、道路脇にそびえ立つ雪壁を堪能しつつ八海山スキー場(新潟県南魚沼市)に行ってきました。


魚沼市の国道290号
魚沼市の国道290号を走っていると車庫の上にはテンコ盛りの雪が!!いったい何メーターあるのかな?ついつい車を脇に止めて写してしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。